AMEI
2019年6月5日

システム・エクスクルーシブID会員募集

System Exclusive Manufacture’s ID Member

一般社団法人音楽電子事業協会 (AMEI) は、システム・エクスクルーシブID会員の募集を開始します。

MIDI規格は、異なったメーカーの楽器間を接続できるように、ハードウエアと伝送フォーマットの統一を図った国際的な規格です。MIDI規格では通常の楽器演奏に必要なピッチ、ベロシティー、音色のコントロール、機器間の同期信号については厳格に定められています。しかし、機器固有のデータである音色パラメータや自動演奏のためのプログラム・データ等は、楽器メーカー毎に設計思想が異なるため、そのデータ・フォーマットを規定することは困難です。

そこで、このようなデータを楽器同士、あるいはコンピュータと楽器の間で伝送するために、メーカー毎に独自に定められるように考えられたデータ形式がシステム・エクスクルーシブ・メッセージです。楽器を開発するメーカには、それぞれ独自のID番号が割り振られています。

システム・エクスクルーシブ・メッセージにメーカごとのID番号を含めることで、このID番号を認識する楽器のみがこれに応答します。このID番号を認識しない楽器は、この番号に引き続いて送られるデータをすべて無視するように考えられています。この独自のID番号をSystem Exclusive Manufacture’s ID Number(システム・エクスクルーシブID番号)と呼び、他社と異なったデータ・フォーマットを持った楽器を開発するメーカーが必要とするものです。

システム・エクスクルーシブ・メッセージは、製造した楽器をユーザに充分に利用してもらうためのデータフォーマットです。従って、システム・エクスクルーシブ・メッセージは公開を原則としています。すべてのシステム・エクスクルーシブ・メッセージが公開されていることで、ユーザは混乱することなく、これを利用することができます。

これまで、システム・エクスクルーシブID番号はAMEI会員企業にのみ発行をしていました。この度、法人、個人を問わず楽器やMIDIアプリ、自作MIDI機器等を開発しようとするみなさまに、以下の条件のもと、システム・エクスクルーシブID会員を募集し、System Exclusive Manufacture’s ID Numberを発行いたします。

システム・エクスクルーシブID会員規程

1. System Exclusive Manufacture’s ID Numberを使用するに当たり、自己の責任において、本ID を適切に管理及び保管するものとし、これを第三者に利用させ、または貸与、譲渡、名義変更、売買等をしてはならない。
2. ID の管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等によって生じた損害に関する責任は登録ユーザーが負うものとする。
3. 法人の場合、小規模事業者の範囲を越えないこと。
4. System Exclusive Manufacture’s ID Number は1 年間有効とし、年間使用料20,000 円(消費税込)とする。
5. ID ナンバーを取得したID 使用者は、フォーマットを一般社団法人音楽電子事業協会に提出し、この時点でID ナンバーをSystem Exclusive Manufacture’s ID Number Japanese Group リストにID 使用者名を登録する。
6. ID を継続使用する場合は有効期限前に更新を行う。(毎年更新すれば同じID を継続利用可能、更新しなければID リストに「使用停止」と記載)
7. システム・エクスクルーシブ・メッセージの運用に当たっては、MIDI規格書の規定を順守すること。

お問い合わせ

システム・エクスクルーシブID会員に付きましては、下記お問合せフォームよりご連絡下さい。

AMEI


一般社団法人音楽電子事業協会 事務局
【電話:03-5226-8550/FAX:03-5226-8549/e-mail:amei_info@amei.or.jp】

AMEI